ソフト開発 プログラミング 楽天RMS

RMS 楽天ペイ受注API(RakutenPayOrderAPI) getOrderで注文情報を取得するPHPサンプル解説・使い方

更新日:

RMS APIは楽天市場の店舗管理、商品管理の自動化を実現するAPIです。あまりサンプルがまとまっていないので、APIの全パターンを下記記事でまとめています。

楽天 RMS APIのPHPサンプル集・使い方 ほぼ全パターン(随時更新中)

今回は楽天ペイ受注API(RakutenPayOrderAPI)、getOrderのサンプルを解説します。

APIを使用できる環境がない場合は、下記から出店申請をしてください。毎度言ってますが料金が高いので、APIを試すだけなら既に店舗アカウントを持っている人に頼んでテスト店舗を使わせてもらうのも手です。

APIを使用するための出店手続き・資料請求はこちら

 

サンプルソースコードは下記です。

getOrderのサンプルソースコード

 

注意ポイント

楽天ペイ移行前の注文取得はOrder APIのgetOrderを使う必要があります。ご注意ください。OrderAPIのgetOrderは下記にサンプルがあります。

RMS 受注API(Order API) 受注取得処理(getOrder)のPHPサンプル解説・使い方

 

getOrderの概要

getOrderを使えば、店舗に入った注文の注文詳細情報を取得できます。

 

getOrderはREST APIです。エンドポイントにJSONパラメーターを添えてPOSTすると、指定の条件の注文をJSONで取得できます。

指定できる検索パラメータの例は下記です。

  • 注文番号リスト
  • バージョン情報

取得できる注文の情報の例は下記です。

  • ステータス
  • コメント
  • 合計金額
  • 請求金額
  • 決済方法
  • 決済方法が共通決済かどうか

種類はかなりあるので、後述するレスポンス例を見てください。

versionに「2」を指定すると、決済方法が共通決済かどうかのフラグrpaySettlementFlagが取れます。

共通決済であればconfirmOrderで注文確認処理を行えば、入金までを楽天が代行してくれます。選択決済の場合、confirmOrderをするとRMSのステータス自体は自動で進んでいきますが、入金の手続きは店舗側でやることになります。

このversionというパラメータは2018/11/21に登場したもので、それ以前は共通決済かどうかはsettlementMethod(支払い方法名)の文字列を見て、システム側で判定するしかありませんでした。versionに2を指定すれば、共通決済かどうかの判定は楽天がやってrpaySettlementFlagで返してくれるため、非常に便利です。

 

POST リクエスト例

下記のようなリクエストを送ります。

 

レスポンス例

下記のような感じで返ってきます。

 

ソースコード解説

やることは超簡単で下記。

  • POSTリクエストする検索条件を入力。JSONにして検索パラメータを作る
  • CURLで検索パラメータをぶち込んでPOSTする

POSTリクエストする検索条件を入力。JSONにして検索パラメータを作る

まずはリクエストとして設定する検索条件の変数を設定。

 

CURLで検索パラメータをぶち込んでPOSTする

jsonにした検索パラメータをcurlでPOSTする。

 

まとめ

getOrderを使って、注文の入った注文番号を取得できます。注文の詳細が取得できます。決済方法が共通決済か否かも2018/11/21以降取得できるようになりました。

 

試してみたい方は是非下記から資料請求などをして準備をはじめてみてくださいね。

getOrderのサンプルソースコード

APIを使用するための出店手続き・資料請求はこちら


  • この記事の筆者

Y平

札幌のWebデザイナー。オモコロライターも。Webデザイン、Web集客、コーダーできます。最近7年勤めた富士通を退職しました。1歳の娘いるのに年収下がっちゃう。仕事ください。

-ソフト開発, プログラミング, 楽天RMS

Copyright© バイラシー , 2018 All Rights Reserved.