スクール 転職

TechAcademyを使って32歳業界未経験からWebエンジニアとして就職。高収入を実現するまでの勉強方法や戦略まとめ

更新日:

30エンジニアの生きる道

札幌のWebデザイナー/Wordpressカスタマイザー、小久保(@yhei_hei)です。今回は、SIerだった僕がTechAcademyを使っていかにしてWebデザイナー/Webエンジニアに転身したか、ワークライフバランスを保ちながら安定した収入を実現したかをまとめてみます。

TechAcademyを使った勉強方法だけでなく、受講後にデザイナー/エンジニアとして生きていくための生存戦略についても紹介していこうと思います。

 

受講前までの経歴、スキル

  • SIerで7年勤務。精神を病むなどしたためイヤになって衝動的に退職。ちなみに退職した時期は、娘が2ヶ月のとき。笑えないw
  • Java、Android、C/C++のプログラミング経験が少しある(プロからすると笑われるレベル。ソースの可読性は破滅レベル)
  • Webに関しては、テキストサイトなら作成可能。最後に使ったレンタルサーバーは2006年のジオシティーズ。CSS? あんなもん分かるやついるの? という状態

 

大体のながれとそれぞれの期間

TechAcademy受講から生活(というか人生)が安定するまでの流れをまとめました。

  1. ドットインストールで基礎学習 (3週間)
  2. TechAcademy 「Webデザイン+Wordpressセット」受講 (8週間)
  3. クラウドソーシングや友人から簡単なWeb制作の仕事を受注 (3ヶ月)
  4. 3の実績を元に、地元の零細Web制作会社に就職 (1週間)
  5. 会社でスキルを磨きながら、SNS、ポートフォリオサイトで個人名で宣伝を行い副業をする (1年半)
  6. 収入を増やすための活動
    1. 更にハイクラスの会社に転職する
    2. フリーランスエージェントを使ってフリーになる
    3. 自分の商品を作って売る

乳飲み子がいるのにいきなり退職したため、当時の心労は測りしれなかったです。TechAcademyを起点に行動したことで、なんとかなりました。

Y平
どこでもギリギリやっていける力はつきました。

 

受講したTechAcademyカリキュラム

受講したのは下記講座です。

Webデザイン+Wordpressセット 8週間

受講期間について

8週間という一番短い期間で受けました。プログラミング経験あるし、htmlもちょっとは分かるし大丈夫だろうと思ってましたが、日程的にかなりキツかった。最後はかなりキチキチでやっていたので、もしアフター5でやる予定の方は12週間コースの方が確実です。

 

Webデザイン+Wordpressセットのメリット

最近はRailsやLaravelなどのPHPフレームワークが流行っており、そちらのコースが人気のような気がします(圧倒的主観)。

PHPフレームワークを使うと、サーバーサイドのとても複雑な実装が、簡単に実現できます。大変便利なもので、学んでおいて損はありません。

が、何よりWeb制作で面倒(で、実は簡単)なのは Webデザインです。WebサイトのレイアウトやデザインはCSSと言う仕組みを使って実現するのですが、これが非常にややこしい。経験豊富なプログラマーでもCSSだけは勘弁と言う方がわりといます。

CSSを勉強せずにWebサイトを作ろうとすると、細かいデザインやレイアウト部分で時間を取られ、なかなかサービスリリースにいきつけないと言う事態がたまに起こります。また、見た目がショボいとそれだけでユーザーに離脱されたりします。

なので、初心者こそ、まずは基本に立ち返り、HTMLとCSSがきちっと学べるWebデザインコースの受講をオススメします。

加えて、Wordpressコースを受講しておけば、ポートフォリオサイト(自分の実績紹介サイトのことね)をそれなりの品質、それなりのデザインで短時間で作成できるようになるので、後々の仕事の受注、転職がしやすくなります。

PHPフレームワークで独自ブログシステムを作るのも大変勉強になりますが、まずはエンジニア個人としての知名度を最短で上げるために、Wordpressを学んで手っ取り早くポートフォリオサイトを作る方が、スムーズなんじゃないかと思います。

 

TechAcademyを受ける前の準備はドットインストールで

TechAcademy受講前に、下記のドットインストールの動画講座を受けてました。全て無料です。

これだけでも十分サイトを作れるようになります。

HTML入門やWordpress入門をちょっとやってみて、自分に適性があるかどうかを見極めると良いです。

ただし、ここで挫折してもあまり気にせずに。TechAcademyはメンター制度があるので、分からないことはチャットなりビデオ通話なりでメンターに相談すればすぐに解決できます。

メンター達はマジで優秀で、コードをチャットに貼り付けて、「こうしたいんすけどどうもうまくいかなくて」と書き込むと1分ぐらいで解決法が返ってきます。

もうすぐ僕も経験2年になりますが、メンターたちにはまだ遠く及ばないw

ドットインストールはあくまで予習という程度で気軽にやれば良いです。TechAcademyの受講期間が十分あるなら、無視しても構いません。

Y平
とはいえ、セット受講で期間が8週間の場合かつ未経験であれば絶対やっといた方がいいかな。。。(多分間に合わない)?

 

メンターと相談して強化すべきポイントを決定。コーディングよりデザイン面を強化する方針で

カリキュラムはコーディングの解説や課題が主となるため、デザイン面をより強化するにはメンターに頼った方が良いです。

僕の場合は、デザインスキルの高いメンターに、個別にレビューをいただいたりしてました。がっつりアドバイスをいただき、参考書籍や勉強方法まで教えていただきました。未だにあの教えは自分の中で生きてます。顔も知らないしあったこともないんだけど心の中の師匠です。

また、ツールの使い方など、カリキュラムだけではサポートしきれない範囲は担当メンターとのビデオチャットで解決してました。

Y平
画面共有しながら、ここを押して、ここをこうやってみたいに手取り足取りやっていただいたので、理解度が段違いでした。

 

2ヶ月のTechAcademy受講で会得できたもの。新卒なら就職余裕なレベル

TechAcademyで得られたスキルと実績は下記です。

 

スキル

  • 応用的なHTML/CSS、基本的なPHPコーディング、デザインスキル少々
  • WordPressのテーマ作成に必要な基礎的知識、運用にあたり便利なプラグインの使い方
  • gitやslackなど開発支援ツールの使用方法
  • Photoshopの基礎操作

 

実績

  • サンプルで作ったWordpressサイト3つぐらい
  • スクラッチから作ったポートフォリオサイト

 

Y平
中途だとまだまだ微妙だけど、新卒でここまでできたら即採用の会社がほとんどでしょうね。

TechAcademyを受講する(無料体験あり)

 

この時点でクラウドソーシングや友人の紹介で仕事をしてみる

TechAcademyをまともに受講していれば、頑張ればサイトを作れるレベルにはなっています。就職してさらにスキルを高めたいところです。

が、就職にあたりネックになるのが実績の少なさ。業界未経験の状態で30代が無策で就職しようとしても、待遇が悪くなるのは目に見えています。また、実際に仕事をしたことがないので、面接時に何がアピールポイントになるのか分かんないんですよね。

ということで、就職せずに実績をあげるために、友人依頼のサイト制作案件やクラウドワークスなどのクラウドソーシングで仕事を受注していました。

やってたのは下記のような仕事。いずれも実績増やしのために格安で受けてました。

  • LP制作
  • バナー制作
  • イベントサイト制作
  • Webライティング案件

クラウドワークスで仕事を探す

 

SNSやポートフォリオサイトに実績を掲載していく

自分のSNSやポートフォリオサイトに、どんどん実績を書き込んでいきます。

格安かつ奴隷労働によって得た仕事だろうと、友人からちょっとだけ頼まれた仕事だろうと、関係ありません。実績は実績です。

だいたい下記の媒体に実績を書き込んで宣伝してました。どんなものか、参考までにリンク付きで貼っておきます。

こうやって実績を積み上げていくとどうなるか。業界未経験でありながら、すでにフリーで仕事取ってると言う実績ができあがるのです。

 

Web制作会社に就職してみる

ポートフォリオサイトや職務経歴書に実績を書き込んだら、次はWeb制作会社に就職してみます。

ここで重要なのは「生涯ここで働く」と言う決意ではなく「スキルアップのためだけに働く」と言うスタンスです。無論、待遇が良く、楽しい仕事が多いのであればそのまま働き続ければ良いです。が、雇われ労働での収入なんてたかが知れています。せっかくエンジニアとしてのスキルがついてきたのなら、そこをもっと伸ばして将来的には独立する考えを持った方が良いです。その辺りは後述します。

で、初めての会社をどうやって探すかですが、僕の場合はハローワークを使いました。加えて、会社規模がものすごく小さなところを意識的に選びました。中規模以上の会社に下手に行くと、実は実業務は外注に頼んでるみたいなことがあって、スキルが全く伸びない場合があります。そうなると大いなる時間の無駄なので、絶対に自分が手を動かすんだろうなと言うところを選びました。

労働環境について。地方の小さな企業だと、ブラック企業が怖いところですが、意外にそこは回避できます。と言うのもハロワの職員に「ここ、ブラックですか?」と極めて遠回しに聞いてみると、「どブラックです」と言う答えが極めてオブラートに包んで返ってきたりします

Y平
無論、職員さんはブラックと名言はしていません。そうなのかな? と思える態度を取ると言うだけです。聞いてみるもんですね。

 

面接や履歴書でのアピール方法

面接や履歴書では、下記のことをアピールするといいでしょう。

  • 自分の実績と工夫した点、今後やりたいこと
  • 会社にどのように貢献できるか

上記を淡々とアピールすればまず通ります。時々、何をアピールすれば良いか分からないと言う方がいますが、アピールポイントは実績に裏打ちされて出てきます。なので、クラウドソーシングで実績さえつけていれば、自然とアピールポイントは思いつくものです。

ちなみに僕は札幌の下記の会社に就職しました。

アールズ株式会社

居心地の良さと適度なやりがいがあり最初の会社としてはベストな選択だったと思っています。ちなみに入社して3日目で会社サイトを僕がリニューアルしてます。裁量がありすぎて逆に大丈夫か? と思うぐらいのところを選びましょう。

関東圏であれば、受講生限定のTechAcademyキャリアなどを活用してもいいかもしれません。企業からのスカウトが受けられます。

Y平
職務経歴書の添削なんかもあるので便利です。

 

会社でさらに勉強をしてスキルを底上げする

会社に就職したら、会社が仕事を取ってくるので自分は開発に専念できます。専念することで、スキルアップの速度がギャンギャン上がっていきます。

と、ともに「わりと通用しねえや(笑)」ってのも分かってくるので、ここで頑張って勉強します。

実務と並行して、主に書籍、ドットインストール、Udemyで勉強しました。

 

コーディングスキルの底上げ

ドットインストール

Y平
その他多数。必要になったら都度受講してた。

 

デザインスキルの底上げ

デザインスキルは意識的に勉強しないとなかなかあがりません。下記のようなものを読んだり受講したりしました。デザインの概念は書籍で。Photoshopなどを使った技術的な操作が必要な部分は動画のUdemyでやるとスムーズです。

 

書籍

Y平
ノンデザイナーズデザインブックは絶対に読んだ方がいいです。これはマジです。ちゃんと読めば、素人レベルから脱却できます。

 

Udemy

 

より良い待遇を求めて起こすべき行動

中長期的に勉強をし続け、社内でも実績を出し、並行して副業も積極的にこなせるようになると、自分の市場価値が分かってきます。

自分のスキルって結構求められてんだな、と体感できるようになってきたら、待遇の改善を目指します。

具体的には

  • 収入アップ
  • 労働時間の削減

です。

まず肝に銘じて欲しいのが、スキルがあって市場からも需要のある人が、安く長時間こき使われるような会社は頭がおかしいです。が、スキルがある側も、それを受け入れている時点で自分から死にに行っているも同然です。

Y平
自分の需要を察知して、サクッと転職なりすればいいのです。

 

転職サイトから次なる会社を探してみる

一番基本的な方法は、転職サイトから条件の良い会社のスカウトを待つ方法です。僕は下記の転職サイトを使っています。

ビズリーチは多少年収が高め、キャリトレやGreenはWeb系に強いイメージです。

しっかりとスキルと実績を職務経歴書に書いておけば、黙っててもスカウトが来ます。

ちなみに、転職を考えていなくても登録した方がいいです。今の自分にどの程度需要があるかが明確になるからです。また、職務経歴書を時間をかけてあーでもないこーでもないと長期間かけてアップデートしていくと、自分の強みの把握や、キャリアの見直しのきっかけになります。なので、毎日と言わず、週に1回は転職サイトを見て、職務経歴書をブラッシュアップしていく気持ちが大切です。

スカウトが来ても汎用的なヘッドハンターからばかりだったり、そもそもスカウトが1件も来ないのであれば職務経歴書の記載がまずいか、実績が足りないかのどちらかです。後者の場合は頑張って実績を積み、アピールポイントを増やすことを考えましょう。

また、転職サイトだけでなく、WantedlyやLinkedIn、TwitterなどのSNS系のやつでも、きちんと経歴とスキルを書いておけば、結構な頻度でスカウトが来ます。

Y平
あらゆる媒体を使って自分の経歴書を公開し、どんな人材が今の市場に望まれているかを体感すれば、やることが見えてきます。

 

フリーランスという道もある

スキルに自信があればフリーランスになってみてもよいです。
ただ、エンジニアであれば単にフリーランスになるよりは、エージェントを使って常駐フリーランスになった方が楽です。

例えば下記のようなエンジニア向けフリーランスエージェントサービスを利用すると良いです。

登録しておけば、エージェントが案件をスポット的に回してくれます。営業や確定申告関連の作業もサポートしてくれる上、高単価です。都市部だと月100万レベルの案件がゴリゴリあり、札幌などの割と景気の悪い地方都市でも月50万-60万ぐらいの単価で仕事ができます。

自社で普通にエンジニアとして仕事ができている(もちろん外注管理じゃないよ?)のであれば、それは別の会社で常駐しても十分いけるということです。

もちろんリスクもあります。保険や年金などは自分で払う必要がありますし、保障がないため病気をすると大変です。
が、そもそも貰える額が半端ないので、数ヶ月都市部でがっつり稼いで、後は副業しながら遊ぶみたいな生活も夢じゃありません。余剰資金を積立NISAや確定拠出年金あたりにがっつり投資して将来に備えるのもいいですね。

Y平
ちょっと会社勤めが馬鹿らしくなってきますよね。

 

自分の製品を売る

エージェントを使ってフリーランスになるのも、より待遇の良い会社に転職するのもどちらも魅力的です。

が、結局のところ雇われの身分ですので、嫌な仕事が回ってくる可能性はゼロではありません。幾分かはストレスを抱えて労働をする必要があります。

そう言う嫌な労働から解放されるために、副業として自分の事業を立ち上げておくことをオススメします。

例えば下記のようなものです。

  • WordPressテーマ販売
  • Web制作系の書籍を執筆する
  • Udemyなどで有料動画講座を配信
  • アフィリエイトサイト運営
  • Webサービス立ち上げ

いずれも受託ではなく、自分の自分による自分のためだけのビジネスにすることがポイントです。Webサービス立ち上げなんかは、うまくいけば数百万〜数億円で売却できたりするので、夢がありますよね。

この辺りの話は、「SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル」にも書かれています。僕もまだ試行錯誤の途中です。(SOFT SKILLSには製品開発して不動産投資をしろと書いてあった)

本業をしつつ、ノーリスクの副業として自分の製品開発を進めていけば、いずれ自分の製品が、寝てる間に生活費を生み出すぐらいになるかもしれません。

Y平
そうなったらマジで遊んで暮らせますw

 

ただし、本当にWeb系をやりたい場合に限る

TechAcademyを起点にして、最終的に自分が気持ちよく働けるようになるまでの方法をまとめてみました。30のスキルなし男がやれたことなので、特別なスキルがなくても、若くなくてもやれることばかりだと思います。

ただ一つだけ。TechAcademyをやる前に一つだけ確認事項があります。

WebデザインでもWebエンジニアでもいい。今からTechAcademyでやろうとしてるそれ、本当にあなたのやりたいことですか?

僕はこのようなキャリアパスを描いて実践していくうちに、「ああ、確かにこれなら死ぬまで食いっぱぐれないだろうな」と言う確信を持つに至りました。

ただ、この手法、死ぬほど勉強が必要です。多分おそらく現役を引退するまでずっと勉強する羽目になります。と言うかTechAcademyをやり切るだけでも、ドットインストールを1レッスン受け切るだけでも大変な勉強量が必要となります。

四六時中htmlやPHP、サーバーが云々と言う概念に囲まれて生きることになります。普通はうっとおしいし、めんどくさいです。ではなぜ平気なのか。僕の場合、Webサイト作りが本当に好きでたまらないからです。

大学時代にテキストサイトを運営していた頃からですが、マジでhtml組んでるだけで楽しいです。Photoshopをいじりながらタイポグラフィを考えてる時なんかは至高です。

すなわち、もはやこれって遊びなんですね。

遊ぶように仕事をするとか、好きを仕事にとかすごく胡散臭いですよね。が、自分がその領域に達してみて分かりました。好きを仕事にしたほうが断然コスパがいいですし、幸福度が違います。逆に言うと、好きじゃないんなら金のために無理してエンジニアにならない方が良いです。

金のために無理して就職して今酷い目にあってる人、大勢いますよね? 僕もそうでした。せっかくキャリアチェンジしようと思ってるのならば、今度は是非好きなことでキャリアチェンジしたほうがいいと思います。それがエンジニアになることで実現できるのであれば、TechAcademyは最適だと思います。

逆に、少しでも「違うな」と思っているのであれば、無理する必要はないです。「ソース」あたりを読んで、自己分析をしてから自分の人生を見つめ直したほうが良いかなと思います。

どうせ俺の好きなことなんて金にならねえしと思ってる方。どうか「ソース」を読んでみてください。金にならねえと思ってる好きなことは工夫次第でいくらでも金になる、と言う希望が持てると思います。

Y平
レビューとサンプルだけでも読んで? な?

 

だいぶ長文になりましたが僕からは以上です。めっちゃ偉そうで恥ずかしいねこの文章。

TechAcademyを受講する(無料体験あり)

 

  • この記事の筆者

Y平

札幌のWebデザイナー。オモコロライターも。Webデザイン、Web集客、コーダーできます。最近7年勤めた富士通を退職しました。1歳の娘いるのに年収下がっちゃう。仕事ください。

-スクール, 転職

Copyright© バイラシー , 2018 All Rights Reserved.